学資保険を選ぶ時の参考になるのが学資保険ランキングです。このランキングを見れば今一番選ばれている学資保険が何かということがとてもよくわかるのではないでしょうか。

たとえば今学資保険で選ばれているランキング1位の学資保険はアフラックのかわいいこどもの保険という学資保険です。そして次に学資保険で人気があるのはアリコの学資積立プランです。こちらは学資保険ランキング2位にランクインしています。

そして学資保険ランキング3位は三井住友海上きらめき生命のこども保険です。そして4位が太陽生命の学資保険わくわくポッケ、そして学資保険ランキングの5位は損保ジャパンひまわり生命のこども保険という結果になっています。

学資保険ランキングを見てそのまま鵜呑みにして学資保険を選ぶというのはいけませんがあくまでも参考程度に学資保険を選ぶ時に見るのはどうでしょうか。

学資保険ランキングの保険がそのままあなたの希望するような学資保険であるかどうかは何とも言えませんからランキングをそのまま利用するのではなくて、そのランキングを見て中身を確認してから選ぶといいのではないでしょうか。そうすればスムーズに選ぶことができると思います。

学資保険に入ろうかと考えている人は最近ではインターネットを使ってあれこれと調べている人も多いのではないでしょうか。学資保険をインターネットで調べていて少し気に行ったけど資料が欲しいといった場合には、インターネットから手軽に資料請求ができるようになりました。

学資保険は資料をきちんと読んでから加入する方が安心ですし少し複雑になっている保険料や返戻率、保障などについても分かりやすいのではないでしょうか。

学資保険の資料請求をするのに便利なのが、一括資料請求というものです。この一括資料請求をすれば、インターネットで必要事項を一度入力するだけで最大で10数社の学資保険の資料請求をすることができるというものです。学資保険を色々と比較してみたいけど一軒一軒学資保険の資料請求をしているのでは大変だという人は、一括資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

一括資料請求なら欲しい学資保険の資料がまとめて取り寄せることができますからそれによって手軽に比較できていいですよね。学資保険の資料請求をする場合にはぜひ色々な会社を比較して一軒に決めてしまわないでいくつか選んでからよく考えて加入するのが一番いい方法だと思います。

学資保険を取り扱っている保険会社のインターネットのサイトなどへ足を運んでみると、最近では学資保険のシュミレーションを実際にその場でやってみることができるというサイトがとても増えていますよね。

学資保険のシュミレーションというのは、子供が何歳の時から学資保険をかけ始めて、そして、何歳を満期にするのかなどを設定すれば、毎月の学資保険の保険料なども計算してくれるというものです。

学資保険のシュミレーションであらかじめどれくらいの保険料がいるのかということを知っておくと家計に苦しい保険料になっていないか確認することができると思います。また、学資保険のシュミレーションをする場合には、何歳の時に祝い金がもらえるといった計画についても見ることができます。

学資保険についてあれこれと知識や情報を収集するよりもそのシュミレーションを使って実際の数字を見れば一番よく学資保険についてもわかるのではないでしょうか。これから学資保険に入ろうかと考えている人はぜひ、学資保険のシュミレーションについてもきちんと理解したうえで確認してから加入するのがいいかもしれませんね。

菊池ファイナンシャルグループの学資保険はSTIと呼ばれる学資積立プランです。この学資保険は何と運用実績が7パーセントということですから一般的な学資保険ではこんなに高い利回りは規定できないと思います。

この学資保険ではたとえば運用利回りが6パーセント以上だった場合に、子供が0歳のときに100万円積み立てたら、4年間大学に通うと何と373万円も受け取ることができるという学資保険です。この学資保険のプランは、一般的な学資保険とはまったく違っていて学資金積み立てを重視している保険です。

とても高い返戻率が売りで日本の学資保険と比べたときでも何と4倍以上の返戻率を期待することができるというのもメリットではないでしょうか。

このSIT学資積立プランと呼ばれる学資保険はカナダ政府が公認していて40年以上、50万人の受給者がいるプランで、しかもこの基本をさらに改良されて提供されていますから安心して選ぶことができる学資保険として販売されています。

大学にもしも子供がいsん学しなかったときでも、積立運用金の保障はありますから安心してかけることができる学資保険です。

学資保険を選ぶ時の方法などはいろいろとご紹介してきたのでだいたい分かった人も多いと思いますが学資保険を最大限に利用していくためには、毎月の学資保険料の支払いについても考える必要があると思います。

せっかく学資保険にはいるのですから、どんな場合においても使える保障があればいいと思いますがそれをしてしまうと実は経済的にはかなり家計の圧迫にもつながりかねません。

学資保険の保障を強化したために家計が圧迫されて十分に生活できないなんて矛盾していますよね。ですから学資保険の支払は無理がないようにするのがいいでしょう。

保険の内容を充実させたいと思っている人の気持ちはよくわかります。ですが自分たちの家には本当にその保障が必要なのか、それを考えてよく検討してから学資保険に入った方がいいでしょう。

賢い学資保険の選び方や自分たちのライフスタイルに合わせてプランを立てて加入することで月々の学資保険料の支払いが苦しくて大変だということには絶対にならないと思います。

ですから学資保険料の支払いについてはきちんと確認して、その保障は本当に今の自分たちにとって大切なのかということを考えて学資保険には加入するようにしましょう。

学資保険に入るときには目的を明確にしては行った方がいいでしょう。ただ単に学資保険といってもいろいろな商品がありますし、組み合わせて利用する人もいると思います。

ただ義務のように将来に備えたいからと言って学資保険に入ろうかと思っている人は、実際に学資保険を選び始めてから迷ったり戸惑ったりすることが多いと思います。

そして、結局間違った学資保険を選んでしまったりすることもあります。ですから学資保険を選ぶ時にはきちんと目的を考えてから加入することが大切なことです。

学資保険に加入する目的は人それぞれいろいろあると思いますがたとえば教育資金を計画的に用意していきたいから加入するのか、けがや病気などの保障も欲しいから学資保険に加入するのか、といったように学資保険の目的は本当に色々だと思います。

この学資保険の目的の違いで保険もいろいろと変わってくるのです。ですから保険会社の学資保険の商品の内容やサービスが違っているのはこの目的の違いだといってもいいと思います。自分たちにあっている学資保険を選ぶためには、まずはどういう目的で学資保険をかけようと思っているのかということを明確にした方がいいかもしれませんね。

学資保険の返戻率というのは学資保険に加入する時には必ずチェックしておく項目の一つです。学資保険だけでなく他の普通の保険に関しても言えることなのですが返戻率は保険を選ぶ時の一番の決定打になるといっても過言ではありません。

学資保険の返戻率というのは何かというと、支払った保険料に対してどれくらい返ってくるのかということですね。たとえば10000円支払った保険料で12000円戻ってくるという場合にはこのときの返戻率は120パーセントということになりますね。もしも返戻率が98パーセントになっているときには、10000円支払ったのに9800円しか返ってこなかったということでこれは元本割れしている状態になっています。

もしも貯蓄をすることを目的にして学資保険に加入しているのならこの返戻率が100パーセントを切っているような場合には、あまり向いていないといえるのではないでしょうか。

返戻率と一緒に保障名を目的としている保険のときには、掛け金についても確認しておく必要があります。保障内容を手厚くすれば保険というのは高くなるものです。保障を目的にして学資保険をかけようと思っている人はけがや事故などに着眼している掛け金が安い医療保険などを選んでおいた方がいいかもしれません。

学資保険に加入しようと考えている人は出来れば学資保険の内容は充実させて、そして支払う保険料の額は出来れば節約したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

学資保険に加入するなら、効率よく貯蓄しながら充実した補償内容で祝い金などももらえるという仕組みのものがいいですよね。

しかしそうなると月々に負担する保険料はどうなるのか心配ですよね。子供が小さい間はそれほど養育費もかかりませんが、小学校や中学校、高校へ進むごとに養育費というのは徐々に上がっていきますから支出も増えて大変だと思います。

学資保険に加入する時には、このままずっと支払っていけるような額を設定して加入するようにした方がいいでしょう。

小さいうちにたくさん支払えるからと言ってその額に合わせて学資保険に加入してしまうと将来的に支払が苦しくなって最悪の場合には、学資保険の解約になることもあると思います。

途中で学資保険を解約すると元本割れしますしかなり大きな損失が出てしまう可能性もありますから、できるだけ将来的なことも考えて無理なくかけ続けていけるような学資保険料を毎月支払うようにしましょう。

学資保険の満期受領額ですが、学資保険を選ぶ時に満期の時期についても大切なポイントではありますがやはり受け取れる額というのも重要なポイントではないでしょうか。学資保険を選ぶ時にはこの両方に着眼した方がいいでしょう。

満期のときに受け取れる額は、学資保険の契約の中身によって違いますが、200万円から500万円の範囲内でどれも設定されていることが一般的です。学資保険の貯蓄性や保障などの内容、そして特約などによっても若干の受け取れる額というのは変わってくると思います。

学資保険の受領額は高ければ高いほど、毎月の支払金額も高くなるわけですが受領額は支払い金に比例して大きくなることもあれば小さくなるということもあるということを覚えておいた方がいいと思います。

たとえば、学資保険の保障面が充実している保険というのはそれだけ支払ったよりも受領額は少なくなります。逆に貯蓄型でたくさん貯めて、受領額支払ったよりも上回ることはありますがその分保障が全くついていないということもあるのです。学資保険の満期受領額についてはきちんとチェクしてから選ぶようにした方がいいでしょう。

学資保険を選ぶ時に、ひとつの選ぶポイントとして、学資保険の満期を見て選ぶという方法があります。

学資保険の満期というのはそれぞれの保険会社によって違っていますが、一般的に一番多い学資保険の満期は17歳、18歳、20歳、22歳の満期になっています。

そのうちでも、大学に入るときに必要なお金に備えるために、だいたい18歳満期で学資保険を備えるのが一般的だといわれていますが、保険会社によって、受け取ることができる時期が大学入学金支払には間に合わないということもありますから確認してから学資保険を選ぶ方がいいかもしれませんね。

これからのプランにも支障がないように、学資保険の満期の設定や満期保険金の支払われる時期などは必ずちゃんと確認しておいた方がいいと思います。

22歳満期を選んで学資保険に入っていたとしても、大学に入るときに祝い金をもらうことができる学資保険も中にはありますから、大学入学金の支払いプランもあるということも覚えておいて、学資保険を選ぶといいのではないでしょうか。学資保険の時期を長くして、支払時期を長くすれば長くするほど一か月の支払の負担は軽くなります。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

Twitter

Twitterでフォローしてください!

最近のブログ記事

DESIGNED BY